大殺界とは?細木数子の大殺界ってどうすればいいのか。

皆さんは、大殺界って知っていますか。

殺界は六星占術で、よくないとされる運気の流れ。殺界は星人ごとに違う。占命盤で殺界にあてはまるのは、以下の5つの運気。 健弱 乱気 陰影 停止 減退 特に、陰影・停止・減退は何を始めるにも何をやるにもよくないとされる大殺界であり、小殺界や中殺界と異なり、3年継続する。

www.yunayunatan.info

以前にも書きましたが、これは「細木数子」が独自に編み出した占いで(0学占いのパクり)大殺界という用語も、六星占術独自の用語です。

私は大殺界を必要以上にノイローゼ気味に気にする人があんまり好きじゃない。いや、気にするのは分かるけれど、常に「大殺界だから」と呪文のように出してくる人が周りに多いから、そういうのはちょっと…。厄年を必要以上に気にする人もあんまり好きじゃない。

厄年に今までに起きた悪いことを挙げ連ねる友人がいました。それははっきりいってこじつけではないかと思うのです(笑)

大殺界ってどうすればいいの?ということについてご紹介します。



そもそも大殺界をそれほど気にしない方がいい

f:id:yunayunatan:20181030092052j:plain

こちらの大殺界という言語。

細木数子が独自に広めた占いは、御射山さんという著名な占い師が作った0学そのまま盗んだと言われています。いや、私が言い出したんじゃないですよ。数々の暴露本に掲載されています。

名称を盗み、好き勝手に置き換えたとのこと。理論はしっかりとしているので、当たっているように見えますが、こういった流れで作り出された鑑定術にそこまで信じ込みすぎるのはどうかと。

そもそも占いは、当たるも八卦当たらぬも八卦、都合の悪いことは忘れたほうが絶対にいいのではないかと思いますね。

あとは、この大殺界という言葉は他の占いにはないんです。

他の占いに、これほど長い殺界という概念はありません。

人が大殺界を気にしすぎる理由。名前が怖い

f:id:yunayunatan:20181029200420j:plain

人が大殺界を気にしすぎる理由は、名前が怖いからではないかと。殺というワードは破壊力がある上、さらにそれに大がつくんです。

さらに世界の界がつく。まるで絶対に逃げ切れないような名称であるということ。これが人を恐怖に陥れる罠なのではないかなと思います。

これが「停滞期」「ネガティブ期」みたいなワードなら、みんなそれほど気にしないのではないかなと思います。

気にしすぎる人は自分自身で名前を置き換えてみましょう。そうすることで、気にならなくなります。

もともと大殺界という用語自体が「造語」なので、別のワードに置き換えてみることが大切です。

そもそも大殺界自体が外れている

f:id:yunayunatan:20181030092111j:plain

算命学の大運天中殺のシステムと酷似しているとの指摘もある。細木数子本人は「殺界のタブー」を守っていないという実態がある。

ウィキペディアにも書かれているとおり、この大殺界は「算命学のシステムと酷似」しているということ。

殺界のタブーを守っていないという実態も。

0学だけではなく、算命学のシステムも取り入れて、名前も取り入れているということ。

大殺界というのはもともと丸写しされたものだとは言われていますが、この算命学まで取り入れられているのですから、やっぱりあてにならないと考えておくと良いでしょう。要はツギハギの占術ということなんですからね…

どうしても気になる人は。別の占いを試す

f:id:yunayunatan:20181030092125j:plain

大殺界がどうしても気になるという人は、別の占術で占ってもらいましょう。電話占いヴェルニなど、占いなら、初回の場合は登録も無料です。

www.yunayunatan.info

その他にも、登録無料、通話料無料の電話占いも。

細木数子氏の占いは「六占星術」ですが、それ以外の占術には、さまざまな占術があります。たとえば、タロット占い、姓名判断、紫微斗数、四柱推命、算命学などなど。

これを組み合わせることで、全く別の運命になることも。

そうすると大殺界だった自分の運命が全く別ということもあります。

占いは、そもそも、一つの占術だけではなく、いろんな占術を組み合わせることが必要なんですね。
なので、こういった占術を組み合わせることで、全く別の結果が導き出される場合もあります。

人生の貴重な2~3年をおとなしくしているのはもったいなくないか?

f:id:yunayunatan:20181030093100j:plain

大殺界期の過ごし方として、「おとなしくしている」「転職はダメ」「無理な冒険は避ける」と書かれています。

しかし、その2~3年が、ちょうど自分の青春時期。20代半ば。仕事が絶好調のとき。そのときにかぶっていたらどうしましょう?

おとなしく過ごすのって勿体なくありませんか?人生の時間は限られているわけです。

仮に。全ての占術で「2~3年は運命停滞期」と言われたとしましょう(そんなことはめったにない)

それならおとなしくしよう…と思うけれど、細木氏の占い一つで、貴重な人生の一部をおとなしくなにもしないで過ごすのってもったいないと思うのです。時間って有限であって、占いに振り回されてじっとしているのはいかがなものか。

別の占いをしてみると、しっくり来ると思います。なんで悩んでいたんだろう…って思うと思います。なので、気にせずどんどんチャレンジするといいと思います!

まとめ

f:id:yunayunatan:20181030092136j:plain

大殺界を気にする人ってものすごく多いのですが、結論から言うと、これは細木数子の独自の(コピー疑惑のある)占いなので真に受けることはなく、別の占いをやってみたり、そもそも気にしないほうがいいです。

用語がとても怖いので、なんとなく当たっている気がしてしまいます。でも気のせいなので、気にしすぎないようにしましょう。