20190117185304
20190117184750
20190117181112
20190117185119
20190117191506
20190118084349 ">

心霊スポットが危険な5つの理由。霊は高確率で出る?本当の理由は?

先日、本当にあった怖い話について書きました!

www.yunayunatan.info


心霊スポットって本当に危険なの?別に大丈夫じゃないの?と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。


そして以前心霊スポットについての話も書いたのですが、今回は、心霊スポットが危険な理由についてその理由をご紹介します。

理由①:ときどき「実害」もあるらしい。

調査:心霊現象など不思議な体験をしたことはありますか?
f:id:yunayunatan:20190123131846g:plain
出典:何でも調査団

私も先日の記事で、先輩が心霊スポットに出かけたら、その中の一人が少しおかしくなり、ガタガタ震え、そしていつもと違う状態になったという話をしました!


私はこういうブログをやっていますが、別にスピリチュアルな人間でもなんでもなくて、超がつく現実的な人間です(笑)


それでも、幽霊みたいなものを見たり、なぜかそういう変なことが起きるというのはたびたび聞きますね。


心霊スポットは、人の精神(脳)に影響を及ぼす負の空気みたいなものはありますし、それは場所にあるので、その場に行かないほうがいいのは当たり前です。


実は人間の脳は、このように、自分に負になる影響を及ぼすことを避けるために「怖い」という感情があるんです。


心霊スポットには何か実被害がある可能性もあるのに、それを覗き込みに生き、足を滑らせて落ちる…。これは避けたほうがいいでしょう。


上のグラフは、心霊現象など不思議な体験をしたことはありますか?というグラフなんですが、3人に一人は何かしら心霊現象を体験しているといわれています。


なので、心霊スポットにいくことによって、実害がある可能性もあります。なんか変なことが絶対に起きない!という保証はありません。

www.yunayunatan.info

中にはこうやって霊に取り憑かれたって例もないわけではないので、こういった点で危険ですね。

f:id:yunayunatan:20190123140402p:plain

あとは、信じていなくても、霊が見える、呪われると思う気持ちの影響で、暗闇に放置されて気が狂ってしまったり、呪われたんじゃないかと思うと気分が悪くなったり、悩んだりすることになる可能性もあります。


心霊現象はあると仮定した場合、車やバイクで帰りや後日に事故る、以後に交通事故や病気になることもあるかもしれません。そして、家に連れ帰ってしまったっぽく、家で霊がでる、体が重いとか苦しい夢を見るかもしれないです。

理由②:社会的・歴史的背景に問題がある

f:id:yunayunatan:20190123135152p:plain

日本には、実はたくさんの地図にない村が存在しています。


「存在していない」というのは私たちの好奇心や探求心をくすぐります。


これは取り残されずに残ったものだったり、あとはバイパスや、道路が出来ることで、廃村となってしまったり…。色んなケースがあります。


でもこういった地図にない村というのは、悪用されやすいのです。


具体的には、暴走族のたまり場となっていたり自殺スポットとなっていたりするのが理由です。


地図に書けない場所=心霊スポットとなっていることが多いです。


一言で言うと、こういった場所は社会的にも、歴史的背景にもややこしいので、そういった意味で危険です。


本来、「地図にない場所」のように、人が入るべきでない場所と言うのは、目に見えない「負のエネルギー」が溜まっていたり、浮浪者やそれを悪用しようとする人間がいて、まったく誰も住んでいないというわけではなかったりします。


さっきも書いたようにたまり場になっていたり、浮浪者がいたり。心霊スポット=こういったややこしい場所の可能性が高いので、近寄らないほうがいいでしょう。

理由③:不法侵入罪に該当するケースがある

f:id:yunayunatan:20190123135228j:plain

心霊スポットのうち家屋や建物は基本的には個人の持ち物です。


荒れ放題だったら、人間は「ここは誰もいないから自由」と早とちりしてしまいます。


でも、その土地は誰かの私有地であることも多いので、この場合は「不法侵入罪」に該当します。


このためあらぬトラブルに巻き込まれてしまう恐れもあるので、注意をしましょう。


特に心霊物件は黒い人達が所有をしているケースも多くて、うっかりセコムなど入っていた日には、捕まってお金をせびられるということもあるようです。


実際に、それとある心霊スポットで持ち主だと偽って探索にきた人間を恐喝して金を脅し取る事件もありましたので注意が必要です。

理由④:本当の事件に巻き込まれることも

f:id:yunayunatan:20190123135301j:plain

また心霊スポットにはタチの悪い若者たちがたむろしていることがあり彼らに見つかると危険なんです。

news.nifty.com

ここでも書かれていますが、実は人間が一番怖く幽霊よりも人間が残酷で、舐められただとか、不良同士で喧嘩になってしまうことも。


こういうところは集団で行くことが多いので、集団心理で気持ちが大きくなってしまったりすることも多いので、実際に事件やトラブルになることもあります。

また深夜の迷子や不審者に襲われる可能性も増えます。


不良や浮浪者の寝床となっている場合もあり、不良に絡まれたり、見てはいけないシーンを見てしまい、トラブルに巻き込まれるなど。


あとは、深夜のトンネルなどは、こちらの事をオバケだと間違えたり、恐怖のあまり車を飛ばしたりしてくることになるので、交通事故に巻き込まれる可能性もあります。


ドラマのような話ですけど、ないとは言い切れないですね。

理由⑤:夜暗くて危ない

f:id:yunayunatan:20190123135440j:plain

これは当然のことなのですが(笑)心霊スポットは、夜目が効かずに危ないのが理由です。


心霊スポットの多くは、あまり人が立ち入らない所や夜暗い所です。


廃墟などは具体的にガラスの破片の散乱や床が抜けたりして危険です。池や崖などはよく見えずに落ちる事もあります。


暗いところに突入していって、懐中電灯の明かりが消えてしまったら、転倒してしまって後悔する怪我になってしまう可能性もあります。

まとめ

このように、心霊スポットというと祟られる!と思い込んでしまいがちですが、実はそれ以外にも危険性があるので、近寄らないほうがいいですね。

本当に大切なのは、霊よりも怖い、人間の存在がいるということです!

ということで、現実的な問題点を書いてみました(笑)

こういう場所はややこしいトラブルになる可能性も含んでいますので、危険ということを知っておいてくださいね。

▽霊に呪われているかも?という時はスマホで実はプロに相談できます!こちらをチェック▽
www.yunayunatan.info