クラウドソーシングで月収30万円のフリーランスライターの私の価格の交渉方法

こんにちは!ユナです。

私はフリーランスライターとして稼いでいます。


そこで、価格の交渉をどのように行っているのかを書いてみましょう。

私がやっているのはランサーズです!

クラウドソーシング「ランサーズ」

非常に稼ぎやすいサイトで、クラウドソーシングの最も老舗のサイトです。


f:id:yunayunatan:20180802174735p:plain

まずは実績作りから

f:id:yunayunatan:20181013121825j:plain

わたしも最初から価格交渉を偉そうに行っていたわけではなく、実績を1年ぐらい積みました。

タスクという作業があるんですが、この作業で1万件は書きましたね。

1万件を1年で書くんですから、そりゃもうすごい量ですよ。

ちょっと暇があれば、書いていました。0.3円の案件でもね。

それで実績が増えたり、ちょっといい文章じゃないかと思わせることができれば、向こうからクライアントさんが声をかけてくれます。

プロジェクトは単価が高い

f:id:yunayunatan:20181013121759j:plain

クラウドソーシング「ランサーズ」のタスクというのは誰でもできる作業で、クライアントも誰でもいいからやってほしいって感じで作業を依頼しています。

クラウドソーシング「ランサーズ」

このため、単価が安いのですが、プロジェクトになると単価は、高くなります。目安として、タスクの単価は、0.2円~ プロジェクトになれば、0.5円~です。

価格交渉の仕方

f:id:yunayunatan:20180915105813j:plain

プロジェクトを依頼してくれるクライアントがちょこちょこ出てきたら、まずは最初から価格交渉をすることはやめましょう。

むしろこちらは下から「ありがとうございます!」と下からの感じで行きましょう。

これはなぜなら、プロジェクトも実績が必要だからです。

プロジェクトの数が少ないと、クライアントも依頼をすることをためらいます。

最初は実績作りと考えて、価格交渉をせずいきましょう。最初はある程度単価が低くても仕方がありません。でもしっかりと仕事をすることに集中しましょう。

実績が50ぐらいになれば価格交渉

f:id:yunayunatan:20181013121747j:plain

プロジェクトというのは継続依頼が前提なんですが、そんなクライアントばかりではなく、たいてい100記事ぐらい依頼して、そのまま終了してしまうか、間が空いてしまうことが多いです。

このため、継続して依頼してくれるクライアントは常3~5人ぐらいキープしておくべきです。

5人ぐらいキープしておくと、たとえば、他の4人が今仕事ないという感じでもほかの人が仕事を依頼してくれるので、こちらとしては常に仕事がある状態になります。

実績をとにかく作り、その後50ぐらいになれば、価格交渉しましょう。

単価が安ければ、「ごめんなさい、プロジェクトは1円からお受けしているんです。」と言ってしまえばよし。

1文字1円なら引き受けよう

f:id:yunayunatan:20180913214819j:plain

1文字1円は安いかもしれませんね。

でもランサーズのクラウドソーシングサイトのタスクの標準案件は、1文字0.3円~なので、1円なら上々です。

最近は、余裕がないクライアントも多いので、1文字1円出してくれるなら良しとしましょう。

私の場合、1文字2円ぐらいで出してくれる方がいるので、2000文字×2記事書けば8千円ぐらい儲かりまして、それを1時間で書くことができるので、時給8千円という計算になります。

即日で仕上げることによって交渉する

f:id:yunayunatan:20181013121851j:plain

長々と時間がかかってしまう人は別ですが、即日で書くことができる人なら、「即日仕上げ」を売りにしましょう。私は、いつも即日で仕上げるので、もっと単価上がりませんかと交渉しています。

結構副業でやっているライターの方は多いので、即日で仕上げられる方は少ないのです。

やっぱり即日仕上げを売りにすることによって、単価を上げてもらえる可能性が高いです。

法人のクライアントがおすすめ

f:id:yunayunatan:20181013122021j:plain

クライアントといっても、色んなクライアントがいます。

たとえば、ブログでアフィリエイトをしている20代の若者もいれば、法人もいるんですが、私がおすすめできるのは圧倒的に法人のクライアントですね。

法人のクライアントは連絡などやりとりをしていても不安は一切ないし、やはり信頼感がある。

会社なので、やはり継続依頼も安定している。

法人のクライアントさんから声をかけてくれた場合、より一層丁寧に作業をして、受け答えなども気を付けましょう。

締め切りよりも早く終わらせる

f:id:yunayunatan:20181013122039j:plain

締め切りは何日かは大体相談で決めるのですが、締め切りよりも早く終わらせましょう。

締め切りよりも早く終わらせることで、向こうも「早いぞ」と思うのか、「あと100記事依頼していいですか?」と言ってくれます。

締め切りは、仮のものと考えておき、それよりも10日は早くは仕上げましょう。

そして相手を驚かせましょう。

参考するサイトは3つ以上。オリジナルを心掛ける

f:id:yunayunatan:20180915105413j:plain

クラウドソーシングは質は必要ないと書きましたが、最低限の質は必要です。

これは本をたくさん読むしかないんですが、たとえば、参考にするサイトは3つ以上です。

常にオリジナルを心掛けること。

一つのサイトばかり参考にしていると「リライト」と判断されてしまい、二度と仕事が来ない恐れがあります。

3つのサイトを参照し、+自分の意見的な感じで書きましょう。

まとめ

f:id:yunayunatan:20181013122101j:plain

いかがでしたか?

今回は上級編ということで、価格の交渉方法を書いてみました。

参考になればいいのですが。また書いてみますね。

おしまい。


クラウドソーシング「ランサーズ」