占いは当たらない。実際にやる意味って何?懐疑的な方へ。

こんにちは!これを見ている人の中でも「占いは当たらない」と思って見ている人も多いのではないでしょうか。

占いは当たらないと思われがちですし、実際に当たるのかどうかという点が重視されがちなのが占いですよね!

私もこのサイトを占い中心にしよっと!と思いついた時に「占いって怪しいと思う人がいるだろな」と真っ先に思いました。

・一回試しにやってみたいけれど、占いって本当に当たるの?

・インチキな占い師って多いのでは?

・怪しいんじゃないの?

・ただの統計学だからあてにならないんじゃないの?

と考えている方もいると思います。私は、昔からめっちゃ悩んだ時に占いをしてもらっています。

京都の有名占い師や、滋賀の占い師、さらには、電話占いもありますし、ショッピングセンターの占いコーナーや、海外でも占ってもらったことがあります!

そこで占いは当たらないと思っている人に実際のところや、それだけではないというところを教えます!

当たらないと思われる理由。占いは科学的に証明されていない

f:id:yunayunatan:20181201172657j:plain

当たらないと言われている理由ですが、占いは科学的に証明されておらず、科学で否定されてしまっているからです。

なので「科学で解明されていないので、そんなものは信じられない」という方が多いのでしょう。たしかにそうかもしれないです。

でも、世の中には、科学で解明できないことのほうが多い気がします。科学全盛の時代なので、目に見えないものは信じられないという人もいるでしょう。

こじつけなのではないのか?と思う人もいます。でも占いは、研究されてきた歴史も長いですし、まったくのデタラメを口からいっているのではなくて、統計学なので、たとえば昨日今日で作成されたネット通販の変なサプリメントよりは信頼性があるんですよ!

メンタルが弱い人がやるものであると思われている

f:id:yunayunatan:20181201172714j:plain

占いは、メンタルがやられている人や、悩みを抱えているすごい大変な人がやるものであり、一般人は使わないと思っている人は多いです。

占いにハマっている人ってなんとなく痛いイメージや心が弱いイメージがあるので、自分はそうはなりたくないと。

たしかに、占いは心があまり健康ではない人が利用することになります。「この状況をなんとかしたい!」という人が利用をするんですね。

自分はそうしなくても現状生きていっているという人には、精神が病んでいるように見えてしまうんです。

でも実際は普通の人が普通に利用しているんですけどね!

www.yunayunatan.info

当たらなかったことばかりである

f:id:yunayunatan:20181201172727j:plain

占いを信じていない人には、当たらないことばっかりだったという人が多いです。占いを実際にやってみて当たらなかったりしたら、たしかに占いはやっぱり当たらないんだと思ってしまいますよね。

でも当たる占い師に出逢えばどうでしょうか?この考え方は180度変わるはずです。

現在、占いにハマっている人や、占いをやっている人っていうのはやっぱり「当たる占い師に巡り会えたから」「当たる経験をしたから」だと思っています。

私も一昔前までは、占いは当たらないと思っていたのですが、当たる経験をしてから、占いにハマりだしました!

一部霊感商法をやるような胡散臭い占い師がいる

f:id:yunayunatan:20181201172739j:plain

たとえば、細木数子の霊感商法だったり、胡散臭い祈祷をしている占い師がメディアで紹介されるので、占い全般が「怪しい」というイメージになっている人もいると思います。

でも全員がこういう占い師なのか?というとそういった事はありません。

なぜ、こういった占い師がいるのか?という問題ですが、占い師になるのに試験や資格が必要なわけではなく、さらに「儲かる」からです。

でも実際の企業でもマルチ商法など怪しいビジネスをやっているのは一部のように、占いで変な霊感商法をしている人もほんの一部なんですよ!【電話占いヴェルニ】のように電話占いなら、完全匿名でメールアドレスのみで登録できますし、ものを売りつけられるようなこともありません。

誰かに話を聞いてもらうことで、パワーをもらう「相談」としての占い

f:id:yunayunatan:20181201172752j:plain

占いって「当たる・当たらない」ばかりが重視されがちですよね。

でも、誰かに話を聞いてもらう「カウンセリング」的な役割を果たしていると思いますし、実際にそういうシーンで使う時に優れていると思います。

元気になったり、励ましてもらう手段っていろんな手段があると思います。

占いもその一つの手段と考えておくことをおすすめします!占いに行った後はすごいスッキリしますし、元気になります。

私の場合は、カウンセリング代わりとして使うことが多かったです。

占いは、相談者する側は、今現在自分の抱えている悩みや問題を伝えることで、相談内容に沿って、データベースを照合しながら、鑑定技術を駆使し、そして良い方向に行くかを提示してもらうことが出来ます。

他人に言えないような悩みだったり、人生相談を取り扱うサービスであり、占いでは、相談に乗ってきた何百人、何千人というデータベースを照合しながら、専門の鑑定技術を駆使してどうすれば良い方向に進むかを提示します。

占いを通してどうなるのかというと「心が元気になる」ということです。

迷っていた場合も、背中を押してもらえたりするので「当たる・当たらない」というよりも、未来にどう向かっていくかということを示してもらえるのがでかいですね!

娯楽・エンターテイメントとして優れている占い

f:id:yunayunatan:20181201172804j:plain

占いを当たる・当たらないで判断する人もいると思いますが、占いは娯楽・エンターテイメントとして最適だと思います。占いはエンターテイメントとして優れていて、非常に面白い分野だと思いますね。

たとえば、おみくじや、めざましテレビの朝の占い。
占いを信じていなくてもついチェックしてしまうと思います。

そうです、占いにはエンターテイメント性があります。当たるかどうかよりも「やっていて面白い」という魅力がありますよね。

あとは、その人を判断するツールになるし、自己分析にも役立ちます。たとえば子供から大人まで楽しめるし、最近では、子供のおまじない本なんかも発売されていて、心理チェックや占い本も販売されています。

ネタにもなるし、会話にもなります。

娯楽として占いはとても楽しいし、「当たる・当たらない」だけにこだわっているのは非常にもったいないです。

最後に

f:id:yunayunatan:20181201173903j:plain

占いって本当に当たるの?当たらないのでは?怪しい!と思われがちです。

中には懐疑的な人もいますが、占いは当たるのかというと、「当たる占い師もいれば、当たらない占い師もいるので、ぜひ当たる経験をしてもらいたい、と言いたいです。

しかし、占いをする上で「当たる・当たらない」はそこまで重要ではないです!

それはなぜなら、占いによって自分の心を元気にすることが出来るからです!

さらに、当たっても当たらなくても終わったら気持ちが超すっきりします。メンタルが強い人は占いなんてしなくても大丈夫と思うと思いますが、ずっとその調子で行くとかぎりません。そんな時に頼ることによって、良い未来に持っていくことが出来ます。

さらに、占いは最後に決めるのは自分です。占い師がなにか言ったとしても最後に決めるのは自分なので「惑わされる」とかそんなこともないんですよね。

当たるも八掛・当たらぬも八掛ですが、最終的にプラスになるように占いを賢く利用することで、人生がうまくいくのです。


占いに懐疑的な方は、クーポンで実質無料体験できる電話占いを試すといいかもです!