部屋に霊がいるかどうか調べる方法。正しい「邪気払い」とは

何となく体調が優れない、何をやっても上手くいかない…。

こんな状態になっている方はいませんか?実はそれは「邪気」というものが関係している可能性があります。

そこで、邪気とは何か、邪気払いの方法について、占いと関連して今回はご紹介しますね!

“邪気”とは?病気を起こす悪い気!

そもそも邪気とはどういったものなのでしょうか。邪気とは、人に害を与えようとする心。病気を起こす悪い気。物の怪(け)のことをいいます。
そして、邪気は、心、身体、運気に悪影響を起こすと言われています。

負の念、マイナスエネルギーとも言われています。負のオーラが強かったり、負のものを抱え込んでいる人なんかをこの「邪気が溜まっている」ということが多いんです。

気分が落ち込んだり、なんとなくマイナスなものをどんどん引寄せ、そして、人に伝染ることもあります。

日本特有のものである「邪気」

邪気とは、実は日本特有のものとなっています。幽霊が宿に入ろうとした場合、それを防ぐために、御札が貼ってあったり、そういう物語も見ますが、これも邪気払いの一つです。

邪気払いは、非常に日本では有名ですが、外国ではあまり馴染みがありません。

そこで、日本特有の邪気払いですが、実はこの御札が有名ですが、その他にも、さまざまな方法があります。

盛り塩

f:id:yunayunatan:20181127190305j:plain

邪気払いにはいくつかの方法がありますが、中でも「盛り塩」があります。

この盛り塩ですが、実は中国の「故事」に紹介されていたほどのもので、昔から邪気払いだったり、縁起が悪いものを追い出すということで行われる方法ですね。

しかし、「盛り塩」を置いている人の中には、盛り塩を変えなかったり、塩がカチカチに固まってしまっていたり、部屋においてある塩が湿っていたりすることもあります。

これは、実は効果が発揮されないと言われているので注意してくださいね!

盛り塩はもともと「空間の浄化」として知られています。家の空気がピリッとすると言われていますが、清潔に保たれていない塩なら、意味がなくなるので、要注意です。

清潔に保たれている塩

カチカチに固まっていない、湿っていない、汚いものを置いておかない。

植物

f:id:yunayunatan:20181127190320j:plain

邪気払いに、「植物」を使うことは効果的と言われています。

風水的にも邪気払いには良いと紹介されることが多いです。しかし、実は植物は邪気を払う効果はないと言われています。

邪気を払う効果なのではなく実は「邪気が溜まっている場所」、「悪霊がいる場所」を教えてくれると言われています。

たとえば、植物を邪気払いで置いておく、そして、植物がやたらと枯れやすい場所があったり、植物が育ちにくい場合、その場所に邪気が溜まっている可能性があります。

そして、植物自体に異変があれば、その場に悪霊や低級霊がいることも。そういったことで部屋に霊がいるかどうかも調べることが出来ます。

元気な状態の植物

枯れている植物(霊がいるかも)

神社での邪気払いは、どう?

f:id:yunayunatan:20181127190339j:plain

実は神社での邪気払いは「能力のない神主の場合」反対に邪気が憑いてしまったり、あるいは、霊が寄せ付けられてしまうこともあると言われています。

お祓いをやってもらうことで気持ちが引き締まるという点ではいいですが、能力のない神主さんであれば、意味がないのです。

神社というと、気分が良くなったり、パワースポットということで崇める人も多いですが、実は反対に、まったく意味がないこともあるので注意をしてください。

パワースポット

f:id:yunayunatan:20181127190402j:plain

実は、わざわざお払いにいくよりも、気持ちがアップするようなパワースポットにいくほうが、十分邪気払いになるんです。

自分にあったやり方をしないと実は効果が発揮されないのが邪気払いの特徴。

なので、自分の好きなパワースポットで、気持ちと心を入れ替えたほうが、邪気を払うことが出来るんです。

霊がいるかどうかを調べる方法とは。

f:id:yunayunatan:20181127190917j:plain

このように、なんだかやる気がでないという場合には、邪気が溜まっていることが多いのですが、その邪気払いの最中に霊がいることに気づくこともあります。たとえば、先程上げたように、植物が育ちにくい場所や、いつも植物が枯れる場所などは「霊」がいる可能性があります。

また、カビが生えやすい、ジメジメしたところも要注意。

たとえば、盛り塩をしていて、塩が湿ってしまう場合も要注意なので、逆に邪気払いをしていて、心霊現象に気づくことがあるんです。

また、腐敗、金属、線香、焦げ、だったり、タバコの匂いに要注意です。

実は、悪霊には、変なニオイがあります。悪霊には、腐った臭いがすると言われていて、このような「霊臭」がすれば要注意です。

霊がいるとすごく生臭いことが多いです。しかし、実は良い霊がいる場合や、守護霊が強ければ、すごくいい匂いがすると言われています。

「邪気払い」の効果が現れない時。

そういう場合は、プロの占い師・霊能師に相談をするようにしましょう。悪霊が憑いているということで、運気が上がらず、悪いことばかり起きてしまうこともあります。そうなれば、負のスパイラルに陥ってしまい、何をやっても、ダメになってしまうことも…。

変な匂いがしたり、体調不良、電気系統がバチバチしたり、黒い人影が見える…とそんなときは、見てみないふりをしないことです!

その場合は除霊をしてもらいましょう。

実は除霊は、電話占いでも可能です!【電話占いヴェルニ】だったり、電話占い【ココナラ】もあります。

www.yunayunatan.info

www.yunayunatan.info

いろいろあるので、まずは登録をしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたか?邪気払いという方法は、盛り塩や観葉植物、そしてパワースポット巡りなんかがありますが、間違っていたらとたんに意味がなくなってしまうものなのです。

なので、間違ったやり方をしていないかどうかチェックしてみてください!

あとは、邪気払いをしていても、体調が悪い、部屋に異変があるという場合は、除霊をしてみることをおすすめします。