インドでの占い事情と歴史。インドの占いを試したい方へ

こんにちは!占いの歴史について書いています。

www.yunayunatan.info


占いの先進国と、科学技術の先進国というのは全く別。

インドは占いの先進国のひとつなんです。インドは、人口13億人超を抱えることもあり、歴史も古く、占いのメッカです。

人生において、結婚・引越し・転職において、ターニングポイントで、インドでは大変占いが重視されているんです。

そこで、インドの占い事情について詳しく見ていきましょう。

インドの占いの事情。占い師になるための専門学校と大学。

f:id:yunayunatan:20181017111230j:plain

インドでは、現在、国内には、100万人以上の占い師が活動をしていて、占い師の地位が非常に高いです。

占いの専門課程が存在しており、占いは、まさにビックチャンス。

大きく稼げる職業としても若者が目指すことも多く、日本とは全く事情が異なっています。

大学並みの占星術コースまであり、博士課程があります。とっても本格的で、インドの占いの熱さは凄いです。

また、インドには専門学校すら存在しています。これは占いを専門的に学べる学校であり、午前4時や、朝日が登る前に起床。

f:id:yunayunatan:20181017111245j:plain

ヨガや祈りなどを織り交ぜ、さらには、占いに使う天球図を作ります。数学や天文学なども学びます。

さらに数字。基礎から応用までを学びます。日本の場合は専門学校は、約2年程度。しかし、インドでは占いについては、7年近く学ぶ事になります。

それで、ようやく一人前となっていくのですが、そこから占いの会社に入り、働き、下積みから始めます。成功のために人気占い師を目指していきます。中には占い事業を立ち上げるような若者も。

ホロスコープを書き込み、鑑定をするような原始的なインドの占いを想像すると思いますが、最近ではパソコンで解析するスタイルが主となっています。

インドの占いは日常生活に溶け込んでいて、日本のように「鑑定をしてもらう」というように、占いにちょっと特別感だったり、占いをやるのは特殊という印象は全くありません。

また、インドは多種多様な宗教があります。イスラムやヒンズー教、シーク教徒やキリスト教なんかもありますので、それぞれ独自の発展をしているので、インドの占いは底がとても深く、広がりも幅広い。それが日本とは大きな違いなのです。

インドの占いのルーツ

f:id:yunayunatan:20181017111301j:plain

インドは手相の本場です。手相術というとインドです。さらに占星術があるのですが、こちらに、インド独自の占星術が融合。そして発達する流れになりました。

www.yunayunatan.info


インド占星術とインドの手相は、とても奥が深いので、組み合わせることによって的中率がぐんぐんと上がります。

なんせ、手相の起源は全てインドなのですから、オリジナルの占いが出来るのです。奥義のようなものを持っている占い師の方も。

日本では宿曜占星術を「オリエンタル占い」と言っています。

しかし、これは全てインドが元なのです。弘法大師空海が長安に留学をし、宿曜経というお経という形で日本に伝えました。そして、これが占いとして発展しました。

宿曜占星術は太陰暦を使い、月の動きで見るという占いになります。インド占星術やインド手相術は本当に奥が深いのでこれでぜひ鑑定をしてもらいたいです。

インド独自の「インド数秘術」

あとは、インドには「インド数秘術」と呼ばれるものがあります。

ピタゴラスから始まったといわれる西洋式の数秘術がありますが、これを、インドの研究家たちが占星術やアユルヴェーダ、タントラなど、インドならではの古典学問と融合させました。インドと言えば、数秘術と呼ばれるほど大変有名な占いです。数字でその人の運命が分かるという画期的な占いです。

生年月日や名前、全てを数字に置き換えて鑑定をします。世界中で占いができて、言語を使わず数字にするという斬新な鑑定方法です。

インドの今日の占い。

f:id:yunayunatan:20181017111313j:plain

インドの道端には占いマシーンが置かれていて、ダイヤリーで内容を聞きます。

コインを入れて、運勢を占えます。さらに病院でも、データが紙で血圧や身長が印字されますが、未来の運勢も同時に出てくるんです。インドでは、占いが日常に潜んでいるので、けして特別なことではないです。

街なかには占いの館があり、手相が最も人気です。

人気としては、手相、占星術です。それもインドの手相、占星術なので、非常にレベルが高いです。

違う角度から占えるので、占い好きの方には大変おすすめです。鑑定料については日本円で約1000円程度です。

仕事や結婚、そして人生、これらを深く聞けるのが特徴です。

生年月日、生まれた場所のデータなんかが必要で、ホロスコープを作るのですが、的中率が高い。実は、インドではもちろん、ネパール、チベットでも行われています。

ちなみに金のことをみんな占うそう

f:id:yunayunatan:20181017111325j:plain

日本では、恋愛がダントツ一位です。私も占いをしていて、恋愛占いが最も多いなと感じています。

しかし、インドでは、お金のことを占ってもらいたいという人がダントツ1位でした。

数字を生み出したということもあり、お金について執着心があるインド人。数字が大好きで、特にお金が大好き。

ギャンブルの借金が返せるかどうか。玉の輿に乗れるかどうか。占いで今後の金運を見る人が最も多いそうです。

また、何か大きなものから逃れたかったり、劇的に人生を変えたい、という人が多いそう。スラムドックミリオネアではないですが、一発逆転を夢見るインド人は、とても多いそう。

カースト制度が残っているからこそ、占いではこのようなことを相談するインド人が多いそうです。

私は、占いをやっていますが、このような相談をされたことはほとんどありませんので、文化の違いをホント感じます。

家庭にも馴染みの占い師が

f:id:yunayunatan:20181017111338j:plain

インドでは、多くの家庭にはお気に入りの占い師がいて、子供が生まれるとそれはもう大騒ぎ。

赤ちゃんが生まれれば、その子の今後の運命だったり、一生を占います。

日本では、赤ちゃんの名付けで親が悩んだりすることが多いですし、生まれてすぐ占いに連れて行く親はほぼいません。

でも、インドでは生まれたらその子の一生を占うのが一般的です。これは日本にはほぼないですよね笑

インドの占いを試してみたいなら

f:id:yunayunatan:20181017111415j:plain

インドの手相術、そしてインドの数秘術。インドで生まれた東洋占星術などを試してみたい場合、インド旅行が一番ですが、なかなかインドにはいけませんよね。笑

さらに、数秘術も東洋占星術も出来る先生が限られています。占いの館なんかでも、殆どが占星術や四柱推命なんです…。また、インドの鑑定術は、自分で習得するのはとっても奥が深く難しいです。本を購入するだけでは厳しいです。

そこで手軽な電話占いという形なら、在宅でこういったインドの数秘術や占星術で鑑定をしてもらうことが出来ます。ホロスコープを作ってもらい、かなり的中率の高い占いをしてもらうことが出来ます。

たとえば、大人気の電話占いヴェルニだったら、初回の場合は登録も無料。また、無料ポイントがもらえますので、通話料も1000円分無料。なので、10分程度は無料になります。この先生は当たるかどうか、など、お試しができるのがポイントです。





お気に入り登録したり、好きな先生を選ぶことが出来ます。メール占い料金は一回3千円とメールもあります。

インド占星術や、数秘術が得意な先生も多いので、ぜひ見つけてみてください!

www.yunayunatan.info

その他にも、インドの占いで鑑定をしてもらうことが出来る、登録無料、通話料無料の電話占いをまとめてみたので、見てね。

まとめ

いかがでしたか?インドの占いはとても奥深く歴史も長く、そして的中率も半端ないです。日本とは違い、日常生活に占いが溶け込んでいます。

インドの当たる占いを試したいという方は、場合、初回の10分は無料となっている、ぜひヴェルニなどの電話占いをおすすめします。そうすれば、お試しという形で、試しに占ってもらうことが出来ますよ。