心理が分かるカラー診断!心が疲れているかが分かるよ。

こんにちは!

心理学で気になる色とカラーが関係することを知っていますか?

www.yunayunatan.info


以前こういう記事を書いたように、占いや、その他のシーンで、心理学を使うとその人の心が読み取れるんですよね。

カラー診断がこれに当たります。

たとえば、その人が着ている服の色だったり身につけている色で、その人の心理状態が分かるといわれています。

気分によって、今まで好きだった色が急に嫌いになったりすることもありますし、その気分じゃないとなる時もあります。

反対に関心がなかった色が欲しくなったりすることもあり、人間は常に自分を安定させるための色を求めていると言われています。

体調によって好む色も変わります。

実は占いとカラー診断ってかなり密接な関係があって、それも以前本でたくさん読んでいたので、そこで、カラー診断について詳しく見ていきたいと思います。

今あなたはどんな色に惹かれますか?どんな色の服を着ている?




その時によって人は好む色が違う?

f:id:yunayunatan:20181024192322j:plain

人間は、その時によって好む色が違うと言われています。これは主に体調です!

もちろんベースとして好きな色はあると思うけれど、それ以外に、体調が関係してきて、人は自分が自然にそれに沿った色を選ぶようになっています。

私も経験があるんですが、昔かなり病んでいた時期に心療内科に行ったことがあってその時に先生に言われました。

「モノトーンの服だね~。心理状態どん底だね」

f:id:yunayunatan:20181024192555j:plain

と言われたんです。それで、えっメンタルの専門のクリニックでもそういった服の色で判断したりするんだと思いました。

実は体調がよい時は鮮やかな暖色系の色である、(赤、濃いピンク、橙、黄)を美しいと感じるよう。

そして、体調が悪い時には鮮やかな色はうるさく感じてしまいます。

たとえば、モノトーン(白、灰色、 黒)だったり、暗い色、くすんだ色に惹かれるのです。

体調がすぐれない状態が長く続いた場合、赤を極度に嫌うようになります。そして、紫や青紫を好むようになります。

心と体と色の関係を まとめてみます。

そこで、惹かれる色とその時の心理状態や体調を説明します。

f:id:yunayunatan:20181024190855p:plain

イライラ、不満、ストレスが溜まっていて、ギラギラしていて、これを発散したくなっている。
歌ったり、踊ったり、体を動かしたくなっている。

オレンジ

f:id:yunayunatan:20181024190950p:plain

とっても明るく、元気が良く、開放的な気分になっている。
にぎやかな場所に出て行きたいと思っている。
積極的に、人と交流を持ちたいと思っている。食欲も有り余っていて、心も体も極めて健康な状態。

黄色

f:id:yunayunatan:20181024190926p:plain

身の回りの幸せなど希望がある状態。
目標に対しても、まっすぐに向かっている。
リラックスしている状態で、子供のように甘えられる環境にもあって問題がない。
心も体ものびのびしている。

f:id:yunayunatan:20181024191122p:plain

パソコンなど長時間目が疲れるような作業をしていて、疲労がたまりがち。
かなりの睡眠不足となっていて、肩こりもある。
休みが取れず無理をしていたり、働き続けていることも。精神的にも肉体的にも疲れている状態なので、要注意。

f:id:yunayunatan:20181024191149p:plain

緑が目が疲れたり、肩こりなどに対し、こちらは細かい仕事で疲れが溜まっている状態で、眠さが強い時。
それでも、仕事が気になったりしていたり、勉強したいと思っていて思うように進まない心理状態。

f:id:yunayunatan:20181024191211p:plain

静かなところに一人でいたいと思っていて、早く一人になりたい。
そして、誰かに、自分を慰めたいと思っている。
病気、あるいは病後の場合も。この場合も、心身に疲れがたまっていて、ストレスが溜まり1人になりたいほど、紫が好きになる傾向にあります。

f:id:yunayunatan:20181024191238p:plain

精神統一したいと思っていて、安定している。
周囲の状況を受け入れて素直になりたい。心が安定していて、自立をしたい。自由な状態。

f:id:yunayunatan:20181024191252p:plain

周囲の人や刺激からガードをしたい。閉じこもりたい。
環境の変化があり、不安を覚えていて、それを隠したいし人に見せたくない。傷つきたくない。
一人になりたい、そう思っていると黒が好きになります。

心の体の変化を色は教えてくれる

f:id:yunayunatan:20181024201421j:plain

このように、心や体の変化を色は教えてくれます。色の心理的な生理的な効果をしっておいて、自分の心の状態を見るようにしましょう。

これは、いろんなところで実は今応用されていて、病気の治療だったり、カウンセリングで取り入れられています。私も実際されたことがあります。

また、かつて私が言われたように、白だけなら問題ありませんが、白と黒などの服になると、ヤバめです。

ダークカラーがそろえばかなり疲れていると考えましょう。

実は、病気の治療に色を活用する色彩療法なんかもあります。気持ちが沈んでいたり、うつ病の患者さんの病室は暖色系の壁にしたり、躁状態の人には、ブルーなどの色になります。
このように自分にとって必要な色を取り入れることで心が前向きになったりするのです。

そして心が疲れているときには相談する人はいますか?

f:id:yunayunatan:20181024194212j:plain

心が疲れているなと感じたら、休息を取ることも大切ですが、解決できない悩みなんかで苦しんでいる場合も多いと思います。

中には相談相手がいなかったり、悩みやストレスを抱えていて、それを上手く発散できていない場合も。

そういった場合、病院に行くことは抵抗がある…という時に占いをカウンセリング代わりにおすすめします。私も実際にやってました!

悩んでいる人も、電話占いヴェルニだったり、占いで相談するの本当におすすめ。

詳しいヴェルニの口コミはこちら。
www.yunayunatan.info

www.yunayunatan.info

その他にも、登録無料、通話料無料の電話占いをまとめてみたので、見てね。

普段好きな色と違う色が最近好きではないですか?カラーの診断をぜひやってみて、ストレスは常に解消してください!