紫微斗数でメール鑑定はやってもらえる?

占いの種類でも最近大注目なのが紫微斗数占い。

中国の唐の時代に生まれた種類の占いで、日本ではちょっと珍しいですが、メール鑑定してもらえるところもあります。

自宅でメール鑑定してもらえば、交通費もかからないですし、鑑定結果を常に手元に置いておくことが出来ますよね。

そこで、紫微斗数占いをメール鑑定してもらうにはどうすればいいのかオススメ方法をご紹介します。



紫微斗数の鑑定について

f:id:yunayunatan:20181115165739j:plain

紫微斗数での鑑定は、生年月日と生まれた時間・場所から、どのような運勢を持って生まれてきたのか、運命が分かる鑑定です。

自分自身の本質を知ることが出来て、中国の4000年以上の歴史がある占いです。

日本では、知名度はそれほどありませんが、あんまり当たっていない、ピンとこない、という方にもとてもおすすめできる非常に的中率の高い占いの一つです。

www.yunayunatan.info


太陰太陽暦をもとにした占術となっていて、主に生年月日時を基にして個人の特性や巡ってくる運勢を占う事が出来る、いわゆる命占術の一つ 。

配置は異なっているが、西洋占星術のハウスと同じ概念である、十二宮へ暦から算出される星を配置し、その星の吉凶象意から占います。

紫微斗数では生年月日から「命盤」を作成するのですが、命盤は12の「宮」と、14の「星」で形成されています。

12の宮は、自分自身を表す「命宮」、恋愛・結婚を表す「夫妻宮」など、それぞれに意味づけがされていて、細かい運命が分かります。

占うことが出来る悩み。

例えば、

人間関係で悩みやすい、どうしたら良いのか?
いつも恋愛でどんな相手が自分に合うのか?
寿命を知りたい
仕事運を知りたい
どんな相手と結婚し子供は生まれるのか
大病をするかなどが分かります。

紫微斗数の本は、非常に難しく、さらにサイトによっては、細かい星の説明がありません。また無料のメール鑑定も少ないので、ここはプロに占ってもらうメール鑑定をおすすめします。


おすすめのメール占い!

紫微斗数などの占術で占ってもらうことが出来るメール占いのサイトとして、【電話占いヴェルニ】だったり、あとはアフターフォローも万全!【電話占いのULana(ウラナ)】
だったり、あとは、
というサイトなんかがおすすめです!

↓まずは無料登録をしてみて下さい。

これらのサイトなら、プロによるメール占いをしてもらうことが出来ます。
また、占い師の先生を選ぶことが出来ますので、紫微斗数の出来る先生を選ぶことが出来ます!

特に、電話占いのヴェルニは、由忍 (ヨシノ) 先生はメール鑑定が出来て、さらに紫微斗数での鑑定も可能なのでおすすめです。

紫微斗数をメール鑑定してもらうメリット①料金が安い

f:id:yunayunatan:20181115165820j:plain

メール鑑定は、紹介したサイトなら、相場として大体3,000円から4,500円です。他の電話占いサイトと比較しても安い設定となっています。

これは一通あたりの料金で、占い師によって違いますが、料金が決まっていますし、長くなればなるほど料金が高くなってしまう電話占いとは違って安心できますよね。

あとは、鑑定結果はずっと保管しておくことが出来るので、自分で研究をしてみたり、鑑定結果を振り返ってみたり…なんてことが出来て自分の運命を振り返ることが出来るのも面白いです。

時間と場所を気にしなくていい

f:id:yunayunatan:20181115165759j:plain

家族と住んでいたり、仕事が忙しかったりすると、なかなか落ち着いて電話をすることができなかったりします。

深夜に電話をするのは気が引けたり、誰かに聞かれてしまうことは避けたいという方は、多いのではないでしょうか。

しかし、メール鑑定は24時間受け付けています。ですので、家事の合間、通勤時間、休み時間などを利用することができます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

紫微斗数は、日本国内でも出来る占い師さんが少なくて、鑑定をしてもらうのはとても大変です。

個人で占いたいと思っていても、素人がやるには複雑なので、間違っていたり、読み取りが難しいのでよくわからないことも多いです。

一度も占ってもらっていない方は、ぜひ一度プロに鑑定をしてもらい、自分の運命を知ってみませんか?驚くほどの的中率で本当にびっくりすることもありますよ。

紫微斗数のメール鑑定をやってもらうのには、大手のサイトが安心です。電話占いと書かれていますが、実はメール占いにも対応をしているサイトがほとんどです。

登録はどれも無料です!

一度無料登録をして、ゆっくりとどんな先生がいるかなんか見てみたりして、チェックしてみてくださいね。