占い鑑定術

姓名で性格が分かる?名字でその人のタイプが見分けられる!?

この記事は約5分56秒で読むことができます

名前占いをやろうと考えている方はいませんか?

 

実は、苗字・名字でも性格を診断することができるといわれています!

 

これはなぜかというと、名字というのは、家系で決まっているものですよね。

 

本家と分家などである程度分かれているのですが、その人の大体のルーツを知ることが出来ます!

 

たとえば、子供は親に似ていますよね?

その繋がりの連鎖になりますので、このため、その人の人格の一部を知ることが出来るんです。

 

なので、名前占いや姓名判断をしたり、相性占いをする前に、姓名である程度性格を判断してみてはいかがでしょうか?

さっそく、名字でどのようにタイプが分かれるのかをご紹介していきます!

日本人に多い苗字・名字「佐藤さん」「鈴木さん」「高橋さん」は?

f:id:yunayunatan:20190212203033j:plain

日本人に多い苗字・名字というと、「佐藤さん」「鈴木さん」「高橋さん」などの名字を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?

実はこれらの日本人に多い苗字は実は大変幸運で、大変よい性格と言われています!

これはなぜか?

その名字が多いということは、子孫繁栄を意味しています。

つまり、それだけで強運の持ち主ということなのです。

こういった名字はつまらない、ありふれていると思いがちですが、実は強運な人が多いと覚えておいてください。

昔は貴族だった人。

f:id:yunayunatan:20190212204044p:plain

その家系の地位や生業を知るための大きなヒントとなる名字なんですが、中には、過去に貴族だった名字もあります。

自分の苗字はありましたか?

そして、貴族は毎日美味しいものを飲んで食べて、遊びたい放題だったというイメージがありますが、実は実際「公家」(くげ)と呼ばれる貴族・上級官人たちは、朝廷の業務に追われていました。

実はこの中でも、上位の貴族は、摂関家(せっかんけ) です。これらは、今でいう内閣であり、年収4億弱もあったということ。

これらの貴族の方は、年収に加え、位が上になればなるほど食糧や土地がたっぷりと与えられてきましたので、昇格に対するアグレッシブさがあったということ。

つまり、こういった貴族の苗字の人は、仕事がデキるご先祖だったということから現在も頑張り屋でアグレッシブな人が多いかも?ということを知っておいてください!

藤原家は策略家なの?

f:id:yunayunatan:20190212203146j:plain

たとえば貴族として有名なのが「藤原家」であり、「藤原」という名前は有名ですね。

非常に狡猾で、家系が悪いように思われるのですが、逆に言えばとても頭の良い家系であると言われています。

儀式や文学に精通をしていたということもあって、頭がとてもいいので、他人の悪さを見分けることが出来ます。

なので、騙されにくく、出世しやすく、地位や名誉を得やすいと言われています!

そういえば、私の同級生の藤原という名字の友人も賢かったな…と今思っています。

それ以外の約40%の人は豪族。自然由来の名字が多い。

f:id:yunayunatan:20190212203201j:plain

そして、調査をした結果ですが、この貴族の人達以外、日本人の40%は「豪族」の人々だそうです。

豪族の家系は神道系ですので、自然を表す名字が多いのが特徴です。川や山、田、畑などです!

実はこういった人たちは優しくて温和、そして純粋、何よりも豪族だったということから、協調性を重んじており、調和を大切にするという性格の人が多いそうです。

人を疑うよりも、尊重して大切にするという姿勢で代々来ていますので、悪く言えば騙されやすい面があります。

また「倉」がつく名字も、一見貴族に思われがちですが、豪族よりであると考えられているそうです。

豪族と貴族が混じり合っている人やそれ以外の人もいる!

f:id:yunayunatan:20190212203214j:plain

実は、名字は貴族と豪族に真っ二つに分かれるわけではなく、混じり合っている人そしてそれ以外の人もいるんです。

これはなぜかというと、もともと名字を持っていなかった人が、適当に名字を名乗ったということもあり、そういった人たちは、この家系が当てはまらないのです。

なので、豪族でも貴族でもないという人も実はいるんです。

たとえば「伊藤」「加藤」などの苗字の人。

この場合、貴族と豪族の血が50%の割合で混ざっているので、非常にバランスがいいと言われています。

情に熱く、そして賢く周りを見通す貴族の血も入ってしますので、バランス型の人といわれています。

実は血が濃いほど偏っている部分があるのですが、どちらの血も入り込んでいることで、バランスが良く思いやりの深い人であることが多いのです。

まとめ 名前占いをする前に名字でタイプを読み取っておこう

f:id:yunayunatan:20190212203225j:plain

このように実は名字でその人のタイプや傾向が見分けられるのですが、たびたび言うように、これは絶対というわけではありません。

そして、最近では家系同士のお見合いもなくなってきていますので、未来はどうなっていくのかもわからないですし、同じ土地に住んでいるので少なからず混血しているという部分もあるので、名字がこれだからと決めつけることは出来ません。

あなたはどの家系でしたか?気になるあの人は?

でも、貴族や豪族、そして家系が分かれていて、それぞれ特徴があったことは事実なので、姓名判断の際に参考にしてみてください♡

そしてちなみに姓名判断をするなら、雑誌やメディアで活躍中のプロにスマホから占ってもらえる初回15分無料の電話占いヴェルニがおすすめです♡

新規オープン!姓名判断を初回無料でやりたいならこちら