ラッキーアイテム

占いのラッキーアイテムの謎。何で決まる?持ち歩けない時は?

この記事は約6分26秒で読むことができます

f:id:yunayunatan:20181221173908p:plain

占いで「ラッキーアイテム」っていうものがありますよね。

これは、一体何なんでしょうか? ときには、すごく変なものがラッキーアイテムなこともあります!

虎の牙や、盆栽、世界地図、オレンジのハッピなど…。

どうやって持ち歩くの?そもそもどうやって決まるの?と疑問に思っている人もいるはずです。

ラッキーアイテムってそもそも適当にでっちあげてるんじゃないかって思われてますよね(笑)

私は、以前、ラッキーアイテム付きの鑑定文を書いていたことがあって、職業柄ラッキーアイテムを決めてライティングしたことがあります。

そこで、ラッキーアイテムはどうやって決まっているのか、どうやって持ち歩くのかについてご紹介します!


「占い」を見ますか?

f:id:yunayunatan:20181224101332p:plain

よく朝の番組で、「今日の運勢」をランキング形式で発表しています!

会社に行く準備をしながら、ついつい見ちゃったりすると思います。

www.yunayunatan.info

他にも雑誌の巻末に「今月の運勢」が載っていたりすると、興味はなくても何気なくチェックして

「おっこんなラッキーアイテムなんだ」と思うこともあると思います。

そんなついついチェックしちゃう「占い」で、興味がなくても自分の星座が最下位になってしまい、そして忘れ物をしたり、ついていないと「ああやっぱり最下位だった…。と落ち込んでしまいますよね。

救済措置としてのラッキーアイテム。

そんな不幸な星座の救済措置として「ラッキーアイテム」があります。

こちらのラッキーアイテムの存在によって、最下位でモヤモヤしていた気持ちは、少し救われたりします!

でも、時にはこのラッキーアイテムをどう考えても持ち歩けないだろうとか、なんで決まっているんだろうとか疑問が生じます。

そして誰もこの疑問には答えてくれないし、占いでも当然のように紹介されるだけで説明はありません。

ラッキーアイテムは基本的に、身につけたり食べたりすると運気が上がる!

f:id:yunayunatan:20181224101423j:plain

ラッキーアイテムを具体的にどうすればいいのか?あんまりこれが語られることはありません。

ラッキーアイテムは基本的には「それを身につけたり、それを食べたりすると、運気が上がる」というものになります。

ラッキーアイテムは「クッキー」「ハンカチ」といった当たり障りなく、持ち歩きやすいもので設定されていることも多いです。

でも、時には「盆栽」だとか「世界地図」「虎の牙」なんてものがラッキーアイテムになることも!

これはどうすればいいのか?!

ラッキーアイテムは実はその働きを持つものに意識を向けてみるという解釈で良い

f:id:yunayunatan:20181221172621j:plain

もしも持ち歩くことが出来ないラッキーアイテムであれば、その働きを持つものに意識を向けてみる、ぐらいのことで良いと言われています。

たとえば、ラッキーアイテムが世界地図なら、世界地図が売っているとそれを眺めたりですね。世界の天気予報を見てみたり…。そんな感じです。

ラッキーアイテムは誰でも持っているとはかぎりません。

では買わなければならないのか?というとそういったことはありません。

実は、イメージを膨らませて、ピンとくるものなら持ち歩いていいですが、ないならそんなに気にしなくても、意識を向けたり、ショーウィンドウで見るだけでもいいのです!

ラッキーアイテムがどうやって決まるのか?適当?

f:id:yunayunatan:20181221172710j:plain

そこで、朝の番組のラッキーアイテムってどのように決まっているのでしょうか?

朝の番組のラッキーアイテムですが、こちらは、「占星術」という占いの占術で実は決まっています。

www.yunayunatan.info

これは、月や太陽、金星、水星、火星など10個の星がどの位置にあるかで運勢や未来を読み解く占い方法です。

「ラッキーアイテム」はそのホロスコープ上で、その星がどういう角度を取っているかを読みます。

そして、その惑星が意味するカラーをアイテムに落としこむことで決めるんです。

つまりでっち上げとか適当ではなく、連想・イメージでラッキーアイテムが紹介されているんです!

神のお告げとして、ラッキーアイテムが浮かんでくるものではない!

つまり、ラッキーアイテムとは、ホロスコープ上の惑星が意味するカラーをアイテムに落とし込んで占い師の人が決めているんです!

たとえば、水や液体を司っているのは「海王星」です。

そして、ホロスコープで海王星の位置を見た時に、ある星座が当てはまっていれば、その星座のラッキーアイテムが、ペットボトル、小さい容器のジュースなんかになる…。という具合です。

f:id:yunayunatan:20181222211156p:plain

同じ液体なので…。連想してラッキーアイテムが液体になるのです。

なので、神のお告げとして、そのラッキーアイテムが絶対必要というものではなくあくまでもイメージということなんです!

ラッキーアイテムにならないものはある?

f:id:yunayunatan:20181221173016j:plain

そこで、ラッキーアイテムにならないものはあるのでしょうか。

どんなものでも連想できるなら、ラッキーアイテムに落とし込めるのかというと、そういったことはありません。

ラッキーアイテムは持っていて欲しくなるものだったり、汚れていない美しいものでなければならないので、汚れているものはアイテムになりません。

あとは禍々しいものはラッキーアイテムにはなりません。怪しい広告やら、正体不明なものやら。

持っていて逮捕されるようなもの、不潔なものなんかもラッキーアイテムになりません。日本刀だとか、麻薬だとか、そんなものをテレビで流すと大変なことになります。

あとは、生死に関するものももちろん✕でラッキーアイテムにはなりません。

まとめ

このように、テレビで特集される占いなんかで「ラッキーアイテム」が紹介されることは多いのですが、ラッキーアイテムは必ず持ち歩かなければならないというものではなくて、意識しておくだけでもよく、わざわざ購入しなくてもいいのです!

あとは、ラッキーアイテムは占星術という占いの占術から落とし込んで考えられています。なのでデタラメではないんですよ!

そして、汚れたものや、禍々しいもの、そして逮捕されてしまうものなどは、ラッキーアイテムにすることは出来ません。

ラッキーアイテムについての豆知識を知っておくとネタになりますよ♡

↓今すぐ自分のラッキーアイテムなど、初回無料で個別鑑定がしたい方はこちら↓